人気ブログランキングへ元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事
クイズに答えて、図書カード1万円分をもらおう!
FX投資家アンケート


不動産投資 | 商品先物取引 | 株式投資 | 投資信託

【 業界屈指の格安手数料 】と【 業界最高水準のサービス 】でネット証券 No.1 の口座数を誇る  (2007年11月末現在)
     
SBI証券
       
口座開設資料のご請求はこちら≪口座開設料・管理料は無料≫
最新の記事

不動産の建物別用途

金融証券 マネー 不動産投資
不動産の建物別用途
http://kinyukiki.seesaa.net/article/114791239.html
マンション.JPG



⇒この記事を読んで見る


posted by 億の細道 金融 証券 マネー at 10:47 | Comment(0) | 不動産投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

投資信託の選択チェック

金融証券 マネー 投資信託
投資信託の選択チェック
http://tousisinntaku2.seesaa.net/article/114737767.html

⇒この記事を読んで見る
posted by 億の細道 金融 証券 マネー at 08:23 | Comment(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

先物取引

金融 証券 マネー ネット証券 FX取引
先物取引
http://net-syouken.seesaa.net/article/114734042.html

アナリスト090123.jpg
⇒この記事を読んで見る
posted by 億の細道 金融 証券 マネー at 08:35 | Comment(0) | FX取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外貨預金は預金保険の対象になるのか

金融 証券 マネー 外貨預金
外貨預金は預金保険の対象になるのか
http://gaika-money.seesaa.net/article/114737243.html


⇒この記事を読んで見る
posted by 億の細道 金融 証券 マネー at 09:14 | Comment(0) | 外貨預金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

先物取引

金融 証券 マネー FX取引
先物取引
http://net-syouken.seesaa.net/article/114734042.html
FXには、先物取引というFX用語があります。
このFX用語は、FX用語に限らず株などの取引でも使われている用語なので、割と知っている方も多いかもしれません。
ただ、言葉として知っている事はあっても、実際にこの取引を行った事のある人となると、結構少なかったりもします。
先物取引とは、通常の取引とは違って、現在の取引ではなく将来的な売買について約束をするという取引です。
通常の取引は、その場で価格と数量を決め、その注文と適合した売り注文がある場合に成立、という形になります。
ですが先物取引の場合、まず先に価格、数量などを決め、それをいつ売買するか決定し、約束をします。
そしてその日が来た時点で売買を行う、というものです。
この先物取引の特徴は、現時点での売買価格で将来購入ができるという点です。
例えば、アメリカドル円の取引で、現時点では1ドル=90円という場合、1000ドル出して9万円購入するとします。
そして、これを1週間後の決済日に売買を行うよう先物取引で注文したとしましょう。
そこで注文が成立したら、一方は1週間後に1000ドルで9万円を購入し、もう一方は9万円を1000ドルで売却する事になります。
ここで、もし価格に変動がなければ、先物取引の意味はありませんが、為替市場は常に動いています。
1週間後、為替レートは1ドル=95円になっていたとしましょう。
こうなると、1000ドルで9万円を購入した人は、現在ならば1000ドルで9万5千円が購入できるので、5千円損した事になります。
一方の売却側は、9万円で1000ドルを手に入れたわけですが、現時点のレートだと本来なら9万円で手に入れられるのは947ドルです。
53ドルほど得をした事になります。

これが、先物取引の特徴です。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

日本で初めて本格的「インターネット株式取引」を開始したのは《松井証券》



posted by 億の細道 金融 証券 マネー at 10:42 | Comment(0) | FX取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界の指数 その2

金融 証券 マネー インデックスファンド
世界の指数 その2
http://kkigyokantorihiki.seesaa.net/article/114443825.html
シティG.jpg

海外には様々な指数があります。そのうちのいくつかを紹介していきます。
シティグループ世界国債インデックス
世界主要国の国債の総合投資利回りを指数化したインデックスです。
高格付の海外債券に投資するタイプの債券ファンドの、ベンチマークとなっています。
住信アセットマネジメントのSTAM グローバル債券インデックスや、中央三井アセットマネジメントの中央三井外国債券インデックスファンド他、この指数に連動したインデックスファンドは多くあります。
S&P500種
米国の有力投資情報会社、スタンダード&プアーズ社(S&P)が算出している株価指数です。
S&P500は、アメリカの全主要業種を代表している500銘柄で構成され、ダウ平均やナスダック総合指数と並ぶ、代表的な株価指数です。
韓国200種株価指数
韓国証券取引所上場の主要200銘柄から構成された指数で、時価総額が市場全体の約93%を占めています。
東証に上場しているETF、KODEX200上場指数投資信託は、この指数をベンチマークとしています。
DAX(ドイツ株式指数)
フランクフルト証券取引所上場銘柄の中の、優良30銘柄が対象となっているドイツの代表的な指数です。
海外の株式や債券への投資信託には、このように様々な指数をベンチマークにしているインデックスファンドがあります。
どのような指数をベンチマークとしているのか、購入前には目論見書などを見て、確認しておきましょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 億の細道 金融 証券 マネー at 08:31 | Comment(0) | インデックスファンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

弁護士に依頼するメリット

金融 証券 マネー 多重債務
弁護士に依頼するメリット
http://tajyusaimu-ku.seesaa.net/article/114333008.html
弁護士に債務整理手続きを依頼すると、もちろん弁護士費用が必要になります。
費用をかけてでも、弁護士に依頼するメリットとはどんなことでしょうか?
まず、「自己破産」を依頼する場合のメリットです。
弁護士が代理人となると、「即日面接」が利用できるので、自己破産の申し立てを開始してから、免責決定が下されるまでを短期間でできます。
また、自己破産の手続きでは、弁護士が同行して免責審尋(裁判官との面接)を行なうので安心です。
「任意整理」を依頼する場合のメリットは、利息をカットできることです。
今後は元金だけを返済する趣旨の和解契約を結ぶので、借金の額が、毎月支払った分だけ必ず減っていきます。
また、取引の内容によっては、借金額が減ることがあります。
さらに、毎月弁護士が、各業者に支払ってくれるので、本人は月々の返済額を弁護士宛に入金するだけで良いです。
「過払い請求」を依頼するメリットは、業者とのやりとりすべてを、代理人として弁護士が行うので、手間と時間を省くことができます。
また、裁判となった場合でも、本人が裁判所に出向く必要はありません。
「個人版民事再生」を依頼するメリットは、膨大な量の書類を、全て弁護士が代理で準備してくれます。
また、裁判所へ提出する書類は、確実に期限を守るので、安心して進められます。
さらに、住宅ローン業者との交渉も、弁護士が代理人として行なってくれます。
このように、弁護士に依頼することで、業者との全てのやりとりを代理で行なってくれるので、業者からの取り立てや連絡などに怯えることがなくなり、安心して生活を送ることができるようになります。

posted by 億の細道 金融 証券 マネー at 08:34 | Comment(0) | 多重債務問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ローンを買い取る」とは?

金融 証券 マネー サププライムローン
「ローンを買い取る」とは?
http://kinyukiki.seesaa.net/article/114442719.html
証券.jpeg

アメリカのサブプライムローンは、多くの不良債権を生み出し、アメリカの経済事情に大きな影響を及ぼしました。
そしてサブプライムローンの余波はそれだけではなく、もう1つの大きな問題点を引き起こしています。
大きなリスクが考えられるローンであったにもかかわらず、たくさんの金融機関がサブプライムローンを買い取って、資産運用に利用していたのです。
「ローンを買い取る」とはどういうことなのでしょう?
ローンとは、提供する金融機関に一定期間、利息が入り、最終的には元本が戻ってくるという権利があることです。
この「権利」がローン会社から別の金融機関へ売り渡され、また別の金融機関へと転売されているのです。
ローンを買い取った金融機関は一定の利息が入ることで収入を得ることができ、その収入で年金などを運用しています。
実際にローンを利用している消費者には何の影響もなく、ローン会社としてはローンを売ってしまうと、元本が返済されなくなる、というリスクから逃れることができ、さらにローンを売ることで利益も得ることができ、消費者に対してまた新たなローンを提供することができるというわけです。
サブプライムローンの場合、転売はアメリカ国内だけでなく、世界の金融機関に対して行われていました。欧州や日本の証券会社、大手銀行も多く利用していて、それが一番の問題となっています。サブプライムローンに関する資金で運用していた商品は、どれも損害を受けることとなっているのです。
サブプライムローンが株価の下落を引き起こし、世界の金融機関に大きな不安を与えるまでになったのは、こうした「ローンの転売」が背景にあったのです。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

今こそ有望なベンチャー企業へ投資のチャンスです


posted by 億の細道 金融 証券 マネー at 08:15 | Comment(0) | サブプライムローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自動売買とは

金融 証券 マネー ネット証券
自動売買とは
http://net-syouken.seesaa.net/article/114441374.html

Y339241051.jpg

ネット証券のサービスとして、株の自動売買とうものがあります。
そもそもお昼に仕事をしている人の利用率が高いネット証券。
夜に株価のチェックや取引もできますが、市場が動いている昼間にも株価は大きく変動しています。
そのため、買い時や売り時を逃してしまうという人も少なくありません。
そんな昼に株価をチェックすることのできない人向けのサービスが自動売買です。
証券会社によって注文方法は異なりますが、売買のタイミングを設定し、条件を満たした場合自動的に株の売買を行ってくれるものです。
もちろん条件を満たしていなかったら、株の売買はされません。
この自動売買はお昼の間に変動する株価にもきちんと対応できるサービスなのです。
自動売買の中でも多くの人が利用しているのが逆指値です。
これはある価格以上なら買いで、ある価格以下になったら売るというものです。
そうしておけば、急な価格の下落や高騰により損失を拡大することを防げます。
また、安く買えれば利益を期待することもできるのです。
やはり一番のメリット常に株価をチェックする必要がないことです。
現在では多くの人がこの自動売買のサービスを利用しています。
ネット証券のサービスの一部として行われているのがほとんどです。
ネット証券以外にも自動売買ソフトというものもあります。
その中には悪質な商法としてソフトを売っており、自動的に利益が得られるというものがあります。
実際には全く利益が得られないという場合もあるので注意が必要です。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


SBI証券口座を作るならネクシィーズトレードで

はじめての方も大歓迎。充実サポートで安心投資生活。

posted by 億の細道 金融 証券 マネー at 09:01 | Comment(0) | ネット証券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界の指数 その1

金融 証券 マネー インデックスファンド
世界の指数 その1

世界の株価指数は、海外のインデックスファンドを選択する際に重要な指標となります。
世界の株価指数をいくつか紹介します。

ニューヨークダウ平均(ダウ平均)
100年以上前からアメリカで用いられてきた歴史のある、アメリカの株式市場を代表する株価指数です。
ダウ・ジョーンズ社が1896年に12銘柄を採用して平均株価を発表しました。
1928年より30銘柄となり、株価の連続性を持たせ、修正平均株価となっています。
ニューヨーク証券取引所やNASDAQに上場している世界的な優良銘柄が採用されています。
市場の動きを知る基礎資料として信頼の厚い指数です。
ダウ工業株30種とも呼ばれています。

ナスダック(NASDAQ)総合指数
ナスダック(NASDAQ)で取引されているすべての銘柄を網羅した指数です。
ハイテク株やIT関連株の割合が多く、その業績の動向がわかりやすいと言われます。

FTSE100
FTSE100は、イギリスのFT社(フィナンシャル・タイムズ社)とロンドン証券取引所との合弁会社、FTSEが公表する株価指数です。
ロンドン証券取引所上場の、時価総額の最も大きい100社を対象としています。
イギリスの株式市場を代表する指標として、利用されています。

MSCIコクサイ
モルガンスタンレー社(Morgan Stanley Capital International)が開発・発表している株価指数で、日本を除く先進国22カ国を対象としています。
外国株式に分散投資するタイプの投資信託の多くに、この指数がベンチマークとして利用されています。
MSCIコクサイに連動したインデックスファンドには、ドイチェ・アセット・マネジメントのドイチェ世界株式F(インデックス連動)A及び、B などがあります。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


posted by 億の細道 金融 証券 マネー at 08:33 | Comment(0) | インデックスファンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外貨預金を始めるにあたって

金融 証券 マネー 外貨預金
外貨預金を始めるにあたって

日本の低金利時代に対抗して新しい資産運用の方法として注目を浴びているのが「外貨預金」という商品です。初心者から熟練者まで幅広い年齢層に利用されているものですが、初心者の方って外貨預金がどういうものなのか分かりませんよね。
そこで下記に「外貨預金」について説明してみたいと思いますので参考にしてみてください。
外貨預金とは、簡単に言うと日本の「円」をアメリカの「ドル」やヨーロッパの「ユーロ」など外国通貨に換金してそれを預金することを指しています。外貨預金の仕組みは日本の預金と同様の仕組みで「普通預金」「定期預金」「貯蓄預金」にお金を預けます。それには金利ももちろん付きます。普通預金というのは特徴としてはお金の出し入れが自由にできるものです。定期預金は期限を決めてお金を預けるといった商品で比較的高金利です。期限以前にお金を引き出したり、解約できなかったりというデメリットがあるといった点も日本の定期預金と同じと言えるでしょう。貯蓄預金はお金の出し入れに制限が少し設けてあるだけで基本的には自由です。ただし金利は普通預金と定期預金の間に位置するものです。
現在日本でいくら預金をしても金利が低いために、あまり意味がありません。ですから少しでも効率的資産運用したいという人にとってこの外貨預金の高金利というのはとても魅力的だということになります。また高金利だけではなくて為替レート次第では為替差益を期待することも可能です。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 億の細道 金融 証券 マネー at 08:13 | Comment(0) | 外貨預金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不動産購入にかかる諸費用

金融 証券 マネー 不動産投資
不動産購入にかかる諸費用

町並み.jpg

不動産投資にあたって不動産を購入する場合、不動産の購入に必要な費用は現物以外にも諸費用が必要となります。
新築の場合、取得価格の5〜7%中古物件の場合は7〜12%程度必要です。
不動産購入の際には、この諸費用も含めて総費用を考えなければなりません。

仲介手数料
不動産を購入時、不動産業者などに仲介を依頼する場合に必要となる費用です。

印紙税
売買契約書、請負契約書、金銭消費貸借契約書などに印紙を貼ることで納付される税金。

保証料
住宅ローンを組む際に連帯保証人となる保証会社に支払う料金のこと。
フラット35など保証料の必要のないローンもあります。

保険料
ローンの支払中に病気や事故によって死亡、もしくは重度障害になりローンが支払えない状態になった時に備えて入る団体信用保険の料金は、通常ローン金利に組み込まれています。

登録免許税
不動産取得後、法務局で登記申請時に必要な税金です。

司法書士報酬
不動産登記などを司法書士に委託した時の報酬も必要となります。

不動産所得税
不動産取得時に一度だけ課せられる税金。
相続によって不動産を取得する場合には必要ありません。

固定資産税
毎年1月1日現在不動産を保有している者に課せられる税金。

都市計画税
毎年1月1日現在、市街化区域に土地や家屋を保有している者に課せられる市町村税

また、売買契約を締結時には手付金が、取得費用の10〜20%必要となるので、その費用の準備も必要です。
不動産投資の前には、このような費用が必要であることを頭にしっかりと入れておかなければなりません。


ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 億の細道 金融 証券 マネー at 08:28 | Comment(0) | 不動産投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オンライントレードの魅力

金融 証券 マネー オンライントレード
オンライントレードの魅力

Y339241051.jpg

オンライントレードはインターネットができる環境さえあれば、誰でも手軽に始めることができます。
家のパソコンだけでなく、携帯からもできるため、個人投資家の多くが利用しているシステムです。
そんなオンライントレードの最大の魅力は24時間取引が可能であるという点です。
店舗に行って証券取引をすれば時間の制約がでてきます。
しかし、オンライントレードであれば夜間でも休みの日でも取引が可能なのです。株価の変動にリアルタイムで対応できるというのが最大の魅力です。他にもたくさんの魅力があります。まずは手数料が安いという点です。
オンライントレードでは従来のように店舗を構えないため、コストが削減でき、売買手数料が安くなります。
また各社が手数料の値下げ競争を行うので、どの証券会社も手数料が安くなっています。
手数料だけではなく、低予算で株を始めることのできる商品があります。
株に投資をすれば、どうしてもリスクがあります。
特に初心者にとってリスクを負うことはとても不安だと思います。
そういう人は低予算から始めることのできる投資がお勧めです。手軽に楽しむことができます。
つぎにプロの情報ツールが利用できるというのも魅力です。
これまではプロしか使うことのできなかったツールを誰でも使うことができるのです。
例えばリアルタイムの株価を見たり、株価チャートを確認したりすることができます。
これらは株の売買のタイミングの目安に利用できます。
1分単位で値動きを更新する会社もあります。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 億の細道 金融 証券 マネー at 07:49 | Comment(0) | オンライントレード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オンライントレードとは

金融 証券 マネー オンライントレード
オンライントレードとは

ノートパソコン.jpg

オンライントレードとはインターネットを利用してできる証券取引を指します。
別名でネットトレードともいいます。
店舗で証券取引するのとは違い、インターネットで24時間いつでも証券取引ができるのが特徴です。
オンライントレードは夜間でも取引ができます。
今ではオンライントレードを楽しんでいる人は400万人以上と言われています。
店舗で取引するよりも手数料が安いという魅力もあり、オンライントレードがとても人気を集めています。
既存の証券会社以外にも、新規設立や海外企業からの参入など、競争が激しく、たくさんの証券会社が存在します。
各社様々なサービスを提供することで他社と差別化をはかっています。
また手数料の引き下げ競争も激化しており、初心者でも手軽に証券取引を楽しむことができるものがオンライントレードです。
インターネットでできるため、個人投資家が利用している場合が多いのも特徴の一つです。
個人投資家の約70%がオンライントレードを利用しているのです。
自宅にいてもいつでも証券取引が可能で、仕事が終わった後や家事の合間に楽しむことができます。
最近ではインターネットだけではなく携帯でもオンライントレードが可能になっています。
いつでもどこでも証券取引ができるのです。
オンライントレードは株や経済ニュースといった情報が充実しているのも魅力です。
新聞などに比べると株に影響しそうな新しい情報をすぐに手に入れることができるのです。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 億の細道 金融 証券 マネー at 10:19 | Comment(0) | オンライントレード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

投資信託のコスト

投資信託 資産運用
投資信託のコスト
マネックス証券


投資信託に限らず株価を購入する場合には、コストというものを充分に考慮してから購入するようにしなければなりません。

投資信託に関するコストというのは色々な手数料の事を指していて、売買のときにかかる手数料、所得税や消費税などの税金など様々なものがコストとしてかかります。

投資信託のコストには二つの種類があって、購入時にかかる販売手数料や換金時にかかる換金手数料、源泉徴収税、分配金にかかる税金など直接的に負担しなければならない手数料という種類と、ファンドを購入するときに募集をかけていますがその募集手数料、売買委託手数料など間接的に負担しなければならない手数料という種類があります。

では、もっと詳しく見てみたいと思います。
直接的に負担しなければならないコスト】
○購入時に関わるコスト
 ・ファンドを販売するときにかかる販売手数料がかかります。通常は基準価額の1〜3%程度の手数料を支払わなければなりません。
但し、一部ノーロードファンドなど無料のものもありますので、詳しくは販売会社に確認するようにしましょう。

○換金時に関わるコスト
 ・信託財産保留額というコストが必要な場合がありますが、これはファンドに依存します。
 ・所得税や住民税は利益が出ている場合にのみ課税されるコストになります。

間接的に負担しなければならないコスト】
○購入時に関わるコスト
 ・単位型投資信託の場合に、募集価額として内枠に提示されているので間接的に支払っているというコストになります。

○保有時に関わるコスト
 ・運用・販売・管理の各会社に対して管理報酬信託報酬という形で支払わなければならないコストです。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
1万円からコツコツと。マネックスの投資信託積み立てプラン


posted by 億の細道 金融 証券 マネー at 10:28 | Comment(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FX用語 売りから入る

金融 証券 マネー FX用語
FX用語 売りから入る

位置情報リーマンショックによって各国の為替が大きく値を下げた2008年下半期ですが、この状況は、必ずしもすべての投資家にとってマイナス、というわけではありません。
むしろ、この状況を利用して大きな利益を得た人もいるはずです。
何故なら、FXには値が下がれば下がるほど得をする方法があるからです。
それは、「売りから入る」という方法です。

売りから入るという意味がわからない人も多いかと思います。
ただ、FX用語にも「売りから入る」という表現があります。
それくらいFXにおいてはメジャーな注文方法です。
では、このFX用語について解説していきましょう。
売りから入るというのは、通常考えられている注文とは逆の注文です。
普通は、為替市場において、割安な為替を円などで購入し、その為替が値上がりしたら売る、という注文方法がメジャーですね。
一方、FXでは、先に「持っていない通貨」を売る事ができます。
用は証券会社から借りるのですね。
その為、現在の価格が割高という為替をまず借り、それを売り、安くなったら買い戻して証券会社に返す、という方法が「売りから入る」と呼ばれる注文なのです。
「売りポジションを先に確保する」という表現も使います。
この「売りポジション」というのもFX用語ですね。
これならば、不況下においても利益を出せるのではないでしょうか。
今後下がるだろうという予測を立て、その通貨を売り、そして高確率で下がるのを待つ。
これで、利益を得られるのですから。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 億の細道 金融 証券 マネー at 08:21 | Comment(0) | FX取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

株式投資、実は今がチャンス

金融 証券 マネー
株式投資、実は今がチャンス!


2008年は、あらゆる金融機関にとってあまりに衝撃的な年度でした。
なんといっても、その原因はアメリカの大手金融会社「リーマン・ブラザーズ」の経営破綻です。
リーマンB.jpeg
世界的金融危機の発端、リーマン破綻

リーマン・ショックと呼ばれるその破綻によって、世界経済は一気に暗黒時代へと突入し、日本もその例外とはならず、非常に厳しい状況になってしまいました。

このリーマン・ショックによって、株式市場は大荒れとなりました。
あまり株には興味ないという人も、リーマン・ショックに関するニュースは聞いた事があるでしょう。
株価が大幅下落した、日経平均が1万円を、そして9,000円、8,000円を割った、というニュースが連日のように報道されました。
このため、意味はわからなくとも、「今株はヤバいのだ」というイメージが頭の中にインプットされたのではないでしょうか。

そんな状況なので、2008年は株初心者の型にとっては苦しい年だったと思います。
多くの人の所持株がその値を半分位に下げたという状況なのではないでしょうか。
実際、初心者の方がかなり損をしたという話はよく聞きます。

ただ、この状況は、初心者の方にとってチャンスでもあります。
株価というものは、下がり続ける事はありません。
下がれば上がるし、上がれば下がる。
そういうものです。
多くの経済ジャーナリストや専門家が、2009年は回復するだろうと予想しています。
つまり、落ちきった今がチャンスという事です。
2008年で大損した人は、2009年でその分を取り返す事を考えましょう。


人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 億の細道 金融 証券 マネー at 11:31 | Comment(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FX取引 クロス取引

金融 証券 マネー FX取引 FX取引 クロス取引


位置情報リーマンショックの影響で、アメリカドル(米ドル)に対しての信頼感はかなり揺らいでいます。
崩壊しつつある信頼の中、多くの世界各国の投資家はアメリカドルをペアに含まない取引を積極的に試みようとしているようです。
アメリカドルは世界経済における中心の通貨であり、為替市場における揺ぎ無い主役でしたが、それが徐々に変化しています。
アメリカドル以外の通貨で組み合わせを作るという投資家が非常に増えています。
こういった、アメリカドルを含まない取引の事をFX用語位置情報「クロス取引」と言います。
また、同様にアメリカドルを含まないレートの事をFX用語で「クロスレート」と言います。

アメリカドルを含むか含まないかでFX用語が出来上がるという事は、それだけアメリカドルの力が大きいと言えます。
それは、現在においても変わることはありません。
ただ、クロス取引が需要を大きく伸ばしつつある今、クロス取引という言葉自体にあまり必要性が無くなる可能性もあります。
アメリカドルを含まない組み合わせは珍しくないという状況が待っているという事です。
ただ、クロスレートを見る限り、どの組み合わせでも現在かなりレートが低くなっています。
そう考えると、位置情報アメリカドルだけが市場から見放される、という事はちょっと考えにくいかもしれません。

日本の場合、クロス取引は年々活発化しています。
少し前までは南アフリカランドが人気でしたが、2006年をピークに下降し、2008年に入ると一気に崩れました。
今は中東の方に位置情報投資家の興味が向いているようです。


posted by 億の細道 金融 証券 マネー at 08:25 | Comment(0) | FX取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不動産投資の特徴とリスク

金融 証券 マネー 不動産投資
不動産投資の特徴とリスク

ハウス2.jpg

位置情報不動産投資には、現物による不動産投資、小口化投資、位置情報証券化投資に分類されます。
現物による不動産投資は、マンションを購入して賃貸する、保有する土地に賃貸アパートを建築する、賃貸マンションの購入など、直接不動産に投資することにより収益を上げる投資方法です。
現物での不動産投資には下記に挙げる特徴があります。

1.ハイリスク・ハイリターンである。
2. 収益にはキャピタルゲイン(譲渡益)とインカムゲイン(賃料)がある。
3. 投資額が他の投資と比べ多額で、投資期間が長期に渡る。
4. インカムゲイン(賃料)による安定収入が見込める可能性がある。
5. 損益通算などによって所得税・相続税・固定資産税を減額させ節税効果がある。
6. 少額の資金でも借入金により、自己資金の何倍もの多額な不動産に投資することができる。
7. レバレッジ効果(てこの原理)を利用して借り入れ金利以上の収益率を高め、収入を大きなものにできる可能性がある。


また、次のようなリスクが不動産投資にはあります。
1. キャピタルゲイン・インカムゲインには、不動産価格あるいは空室などによる収益の変動リスクがある。
2. 現物の不動産は、すぐに現金化ができないという流動性リスク。
3. 投資のための多額の借入金による収益減少。
4. 不動産投資を行う人の経営手腕によって収益が異なる。
5. 地域状況の変化による収益の変動、建物の老朽化、地震など自然災害や、火災などによる建物の損壊のリスク。

不動産投資を考える時には、このような特徴やリスクを知ったうえで投資を行う判断をしてください。


日本で初めて本格的「インターネット株式取引」を開始したのは《松井証券》



posted by 億の細道 金融 証券 マネー at 08:56 | Comment(0) | 不動産投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

投資信託におけるリターン・リスク

金融 証券 マネー 投資信託
投資信託におけるリターン・リスク



位置情報投資信託には様々なファンドが存在していますので、当然ファンドによってリスクは度合いが異なります。

リスクが比較的少ないMMFや公社債投信など株式を中心としないものはリスクが少ない分リターンもあまり高くはないと言ったような感じです

逆に株式を中心としている国内株式型投信や海外株式型投信などはリターンの高さが期待できる商品ですが、やはりその分リスクも大きいと言えます。

以上のように投資信託におけるリターンとリスクの関係は密接なもので、リターンが大きいとリスクも大きく、リターンが小さいとリスクも小さいのです。

ですから購入する際にはリターンばかりではなくリスクの面においてもきちんと了承した上で購入する必要があります。

ちょっとここでは位置情報投資信託におけるリスクとリターンについての説明をしてみたいと思います。

投資信託におけるリターンについてですが、
「インカムゲイン」
「キャピタルゲイン」

という二つがあり前者は分配金という形で、ある一定期間毎に配当され、後者は購入価格を売却価格、または償還価格から引いた金額を配当金として還元されるといったリターンになります。

次に投資信託におけるリスクについてですが、価格が上下に異動することにより変動してしまうために起こりうるリスクがあります。

その変動が上に行けばリターンが増えるのでリスクは小さくなりますが、変動が下にいけばいくほどリスクが大きくなっていってしまいます。

以上のような事が投資信託における基本的な、リターンとリスクではないかと思います。


1万円からコツコツと。マネックスの投資信託積み立てプラン




posted by 億の細道 金融 証券 マネー at 08:31 | Comment(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
★誰にも言わないと約束してくれるなら。
9,800円のFX教材をプレゼントします!
 
 小資金でありながらも楽々・簡単に金利を毎日1万円受け取る
外国為替証拠金取引(FX)の高品位マニュアル
PCの前に張り付くこともなく、寝てても毎日金利が1万円増えて いく気分は心地よいものです。
毎日口座に1万円が増えていくのを見るのが日課です。
投資の初心者でも分かりやすいように書いてあります。
さらに3ケ月のメールフォローとメルマガフォロー付。
著者は資産のコンサルタントですが、本人も幅広く投資している 投資家でもあります。
CFPという非常に難しいFP(ファイナンシャルプランナー)の 最上級の資格も持っていて腕は運用のプロ以上だとか。
真の投資家と呼ばれています。
あなたもこのFXのバイブルをどうぞ。
ATMレストランプレゼント美容院パンチビル飛行機イベントムード病院TOPページ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。