人気ブログランキングへ元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事
クイズに答えて、図書カード1万円分をもらおう!
FX投資家アンケート


不動産投資 | 商品先物取引 | 株式投資 | 投資信託

【 業界屈指の格安手数料 】と【 業界最高水準のサービス 】でネット証券 No.1 の口座数を誇る  (2007年11月末現在)
     
SBI証券
       
口座開設資料のご請求はこちら≪口座開設料・管理料は無料≫
最新の記事

不動産契約の手付金

金融 証券 マネー 不動産投資
不動産契約の手付金

不動産の売買契約時には買主から売主へ手付金を渡します。この手付けは、契約の際に買主から売主に渡す金銭などを指します。
民法には証約手付・解約手付・違約手付の3つがあり、不動産売買での手付金は特約がない限り、通常は違約手付の性質を持ちます
証約手付とは、契約が成立した証明として渡されるもの、違約手付とは契約内容が履行されない場合に没収する意味で渡すものです。
不動産の売買契約での手付金である解約手付とは、契約が履行するまでに当事者同士が手付の額を損することで契約を無条件で解除することができます。
つまり、買主に物件が引き渡されるまでに、もしくは売主に残金が支払われる前に、買主が契約を解除したい場合には手付金を放棄することで、売主は手付金の倍額を支払うことで契約を解除できるのです。
手付金を200万円支払ったとして、買主が契約解除の場合には、その200万円を放棄することで、売主が契約解除したい場合には400万円支払うことで、契約履行前ならば無条件に契約が解除できます。
良い物件が見つかって、既に手付金を渡している場合でも、契約が履行される前ならば手付金をあきらめて別の契約ができるということになります。
売買契約の重要事項説明では、この手付金に関する事項の説明も含まれます。
不動産投資において、現物の不動産を購入する際には、手付けに関する事項も必ず確認しておきましょう。
不動産投資を行う際には、このような不動産や法律に関する知識もしっかり理解し、身につけておかねばなりません。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

投資信託 デメリット(3)投資信託 投資信託の仕組み投資信託 基準価額投資信託 資料投資信託 公社債投資信託投資信託 郵便局で購入



posted by 億の細道 金融 証券 マネー at 13:22 | Comment(0) | 不動産投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガソリンの価格変動

金融 証券 マネー 商品先物取引
ガソリンの価格変動

FX090123.jpgガソリン価格は、様々な局面で変動し、その都度商品先物取引の投資家を唸らせています。
2008年に関しては、数多くの商品先物取引を行っている投資家が頭を抱えた事でしょう。
しかし、例のガソリン高騰が一段落した事で、逆に買いやすい状態になりました。
徐々に適正価格に戻っていく事は間違いないので、底を打ったと判断したならば、買っておいて損はないでしょう。
ただ、やはり色々と変動要素があるので、難しいのは事実です。
その変動要素の例をいくつか挙げてみましょう。
まずは、季節です。
行楽シーズンの春〜夏はガソリン需要が高いために取引も活発になります。
季節というのは非常に重要ですが、需要の大きい季節、即ち夏場などに必ず価格が上昇するとは限りません。
金融取引というのは、あくまで人が人の挙動を見て行うものです。
従って、チャートの状況によっては、大幅に下がる可能性もあります。
次に、原油価格との連動性です。
ガソリンは当然ですが原油の価格に大きく左右されます。
ほぼ否定関係にあるといっても良いでしょう。
先に原油が動き、それにガソリンが追随するという形の時もあれば、ほぼ同時に動く場合もあります。
ガソリンの価格が大きく動くのは、ガソリンに関する報道がなされた時です。
ガソリン価格高騰が連日報道された時期は、非常に多くの取引がなされていました。
同時に、価格は凄まじい勢いで落ちていました。
商品先物取引の歴史の中でも、これだけ値が動いた事はそうそうないはずです。


ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

株式投資 証券会社の選び方【手数料編】株式投資 証券会社の選び方【情報サービス編】株式投資 証券会社の選び方【サポート編】株式投資 証券会社の選び方【セキュリティ編】 株式投資 証券会社の主な種類株式投資 実際に株を買う

posted by 億の細道 金融 証券 マネー at 20:26 | Comment(0) | 商品先物取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不動産の価格(更地価格)

金融 証券 マネー 不動産投資
不動産の価格(更地価格)

不動産投資を行うにあたり、一番気になるのは現物の不動産価格です。
不動産価格地価(更地価格)は違うものです。
地価は建物がない状態の価格であり、土地の利用方法などによって実際の不動産価格は変わってきます。
不動産価格の決定には取引などに応じ、それぞれ個々の事情により左右され、価格は個別に違います。
ここでは、土地の価格について知っておきましょう。

1つの土地には、一物多価と呼ばれるように、時価(実勢価格)、公示価格、基準値標準価格、相続税評価額、固定資産税評価額、国土法価格などの価格があります。
実際の取引価格である時価を除く、公示価格、基準値標準価格、相続税評価額、固定資産税評価額、国土法価格などは公的価格と呼ばれ、取引基準として、そして税金算出のための更地の正常価格です。

・公示価格
毎年3月末頃に国土交通省が発表する1月1日時点の標準値の正常な価格である更地価格です。

・基準値標準価格
公示価格を補完する目的で、都道府県が毎年9月末頃発表する、7月1日時点での土地の価格。

・相続税評価額
毎年8月初旬頃、各国税局から発表される、相続税・贈与税・地価税算出の基礎となる価格で、おおむね、公示価格の80%程度の価格となっています。

・固定資産税評価額
固定資産税、都市計画税、不動産取得税、登録免許税を算出するための基礎となる価格で3年ごとに市町村より発表されます。
公示価格の70%程度の価格となっています。


時価は、公示価格の約110%の価格ですが、隣の土地を取得する場合や民事再生法の早期売却などによって条件によって価格が異なる場合もあります。
不動産投資のため土地を取得する場合には、不動産鑑定士による適切な価格の鑑定も必要となってきます。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

サブプライムローン サブプライムローンとはサブプライムローン 公的な住宅ローンサブプライムローン クレジットスコアとは?


posted by 億の細道 金融 証券 マネー at 10:15 | Comment(0) | 不動産投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

移動平均線

金融 証券 マネー FX取引
移動平均線

為替相場がどのような動きをしているのかを見るには、各通貨ペアのグラフを見るのが一番わかりやすいでしょう。
その各通貨ペア同士のグラフを比較し、それぞれの連動性などをしっかり分析する事で、立体的な予想ができます。
そうなってくると、世界情勢にも興味が沸いてくるということにもつながり、良い循環作用が生まれます。
そんな中、為替相場を示すグラフには、いくつものFX用語が含まれており、しっかりグラフを見るにはそれぞれのFX用語の意味を知っておく必要があります。
その中で、特になじみが深いFX取引移動平均線でしょう。
このグラフに描かれる線は、為替相場の一定期間の変動を平均値にしてつなげたものです。
例えば、当日+それまでの4日間の合計5日間の平均を取り、その平均値をずっとつなげた場合、それは5日間移動平均線となります。
当日のみの平均値を取って線にするのとは違い、そこまで複雑な線にはなりません。
数日間の平均を取る事で、極端な上下動がなだらかになり、より市場全体の傾向が見やすくなります。
それが移動平均線の持つ意味です。

チャートを見る場合、この移動平均線はぱっと見で確認がしやすい分、多くの人が参考にしています。
実際、チャートにおける基本の一つという位置づけなので、初心者の方はまずこれを見るのが望ましいでしょう。
不況時には為替間の値動きの上下動が激しいので、ある程度なだらかにした方が、全体が見えやすいという傾向にあります。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

サブプライムローン サブプライムローンとはサブプライムローン 公的な住宅ローンサブプライムローン クレジットスコアとは?

posted by 億の細道 金融 証券 マネー at 08:53 | Comment(0) | FX取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シグナル

金融 証券 マネー FX取引
シグナル

FX取引においては、為替市場の動きを常にチェックしておかないと、なかなか利益を得ることはできません。
ほとんど動きのない金利差による収益を考えているとしても、金利差での収益が価格変動による値動きの幅に勝る事はまずありません。
つまり、どのような通貨ペアであっても、その価格の動きをしっかり予測しておかないと、収益は得られないのです。
そんなFXにおける為替市場の変動を把握するためのFX用語は結構あります。
例えば、シグナルなどもFX取引の一つです。
シグナル単独で使われる事はなく、買いシグナル、売りシグナルというFX取引を用いるのが一般的です。
買いシグナルとは、市場が売りに走りすぎている状況で、もう直ぐ値が上がるという場合に使われます。
同様に、売りシグナルは市場が買いに走りすぎている場合に出てきます。
簡単に言えば、買いシグナルはその為替の買い時、売りシグナルは売り時を示すサインです。
そのサインというのはどういう所で見つけるのかというと、相対力指数と呼ばれるものを使うのが一般的です。
相対力指数はRSIとも略されますが、テクニカル指標の一つで、過去の一定の期間における上げ幅合計を、同期間の上げ幅合計と下げ幅合計を足した数字で割り、100をかけて%にした数値です。
これによって、上昇分の割合がわかります。
これが高いほど、上昇率が高いという事になりますが、70%を超えると上昇しすぎ、つまり買われすぎという事で売りシグナル、30%以下の場合は売られすぎ、つまり買いシグナルという事になります。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

株式投資 口座資金をどう使うか 株式投資 分散投資が有効株式投資 思わぬ落とし穴に注意
posted by 億の細道 金融 証券 マネー at 14:52 | Comment(0) | FX取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロスカット

金融 証券 マネー FX取引
ロスカット

FXに限らず、金融市場での取引で最も重要といわれているのは、ロスカットと呼ばれるものをどれだけ精密に、そして正確に、迅速に、確実に、丁寧に行えるかという事に尽きます。
このロスカットが出来ない人は、はっきりいってあらゆる金融取引に向いていません。逆に言えば、しっかり見切りができる人は、取引を有利に進めることができといえるでしょう。
FX用語として名を連ねるロスカットですが、株取引などでもこの言葉は使われるので、何もFX用語限定、というわけではありません。
ただ、株取引等では損切り、という言葉の方が多く用いられます。
意味は同じなので、損切りもFX用語なのですが、FXではロスカットという言葉の方が多く用いられる傾向にあるようです。
株取引とFXにおけるロスカットの概念の違いというものも、多少あります。
株の場合は、ロスカットは基本的に自分で決めます。
やってもやらなくてもOKということです。自動で行う為には、注文によって、いくらまで値を下げた時に売る、という注文方法があるので、それを利用する事になります。最近では複合的な注文方法が増えており、いくらまで上がった場合は売って、いくらまで下がった場合も売るという、理想と現実を両方同時に追いかけられる事が可能となっていますが、義務的なものとしては存在していません。
一方、FXのロスカットは、ほぼ強制的に施行されます。
もっとも、そのライン、すなわちいくらまで下げると売りポジション移行、というのは、各自で決定できます。
ただ、FXの場合はロスカットありきでの取引だと考えてください。
この点が、FXが不況においても初心者が手を出しやすい取引であると言える理由の一つです。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

株式投資 銘柄は業績で選ぼう 株式投資 銘柄はチャートを見て選ぶ 株式投資 売るタイミングが一番難しい


posted by 億の細道 金融 証券 マネー at 09:58 | Comment(0) | FX取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

商品先物取引のしくみ

金融 証券 マネー 商品先物取引
商品先物取引のしくみ

商品先物取引は、一体どのようにして行われているのでしょう。その仕組みについて少しみていきます。
まず、商品先物取引が行われるのは、「商品取引所」と呼ばれるところです。商品取引所というのは、商品取引所法という法律に基づき、設立された場所です。
農林水産大臣、経済産業大臣が許可を出し、政令で定められた上場商品を取り扱うというところで、全国に4箇所存在しています。
その4箇所というのは、「東京穀物商品取引所」「東京工業品取引所」「関西商品取引所」「中部大阪商品取引所」です。
通常、この商品取引所では会員制が布かれているので、会員でないと商品先物取引は行えません。
しかし、商品先物取引の会社が商品取引員として介入する事で、投資家として参加することが可能になります。
この商品先物取引には、取引の期日が存在しています。つまり、何年も同じ商品をずっと保持する事ができないということです。
商品によって長さは違いますが、基本的には1年以内での取引となります。これをデメリットに挙げるケースもありますが、必ずしもそうとは限りません。
期日が決まっていることで、逆にやりやすい事もありますし、助かる事もあります。
こういった仕組みに関しては、できる限り知っておいた方が良いですが、商品取引所や会員でなければ取引できないなどといった事は知らなくても取引自体に支障が及ぶ事はありません。
あくまでもひとつの知識として身につけておくというくらいですね。
ただ、期日に関してはしっかりとチェックしておく必要があるでしょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

株式投資 短期の投資 株式投資 中長期の投資 株式投資 情報収集はどうやって?

posted by 億の細道 金融 証券 マネー at 09:35 | Comment(0) | 商品先物取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

短期の投資

金融 証券 マネー 株式投資
短期の投資

それでは、初心者の方に最近人気の短期トレードについてご説明していきます。短期投資というのは、比較的最近頻繁に行われるようになった投資です。
パソコンが普及し、インターネットを利用したオンライン取引が可能となった事で成り立つ投資方法なので、近年発達したのは当然といえば当然でしょうか。その為、デイトレードをはじめとした短期投資を行っているのは、若年層が多いですね。
特に、日中時間のある主婦の間で、最近非常に流行っています。
初心者の方がデイトレードを好むのも、つい最近株を始めたという人は主婦の方が多いからです。
この短期投資の象徴ともいえるデイトレードは、初心者に人気の割に、初心者には危険なトレードといえます。というのも、ギャンブル要素が非常に強いからです。
何しろ、一日、それも数時間、あるいは数十分といった期間内で売買を行うので、当然株価の動きが激しい銘柄限定の投資となります。つまり、短時間で株価が上下動する銘柄に限定されるわけです。
よって、わずかな時間で大幅に株価を上げる可能性もあれば、下げる可能性もあります。
はっきり言って、こういう短期での動きの場合、大きく上げる確率より下げる確率が高いです。また、基本的に短期でよく動く銘柄は、大手ではなく中小企業であるケースが非常に多いです。特に新規企業が多いですね。
その為、常に不安定な動きをすることになります。業績が安定していない為です。また、株価が高くない銘柄が、何者かの意図で株価の上下動が起こるケースもあります。仕手という人が行うものです。
よって、この場合は株価が急激に上昇しても、数分後には急落するという事がままあります。
初心者の方は、こういう動きを読めず大損してしまう事が多いのです。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

春旅行 北海道旅行春旅行 こだわりの宿春旅行 こだわりの宿(2)

posted by 億の細道 金融 証券 マネー at 09:19 | Comment(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

商品先物取引の申込方法

金融 証券 マネー 商品先物取引
商品先物取引の申込方法

商品先物取引を行う為には、商品先物取引を取り扱っている会社に口座を持つ必要があります。
その為には、まず特定の会社に申込をして、口座を作る必要があります。基本的には他の金融取引と同じような形ですね。
申込は、電話、FAXなどで行いますが、現在の主流はインターネットです。オンライン申込で行うと、タイムロスも少なく、円滑な申込が可能となります。
申込を行うと、自分の元に約諾書などの必要書類が送られてきます。
主に、商品先物取引を行う為に、その取引を会社に対して委託するという旨の書類ですね。
委託と言っても、商品の選択や売買のタイミングなどを頼むわけではなく、自分が出した注文に対してその商品の売買を行い、手数料などの代金を仲介の報酬として取ってもいいですよ、という感じの内容です。
この書類に必要事項及び捺印を行い、返送用の封筒に入れて送り返し、しばらく経ったら、口座開設が可能となります。
基本的に、口座を作らなければ商品先物取引は出来ません。
口座開設するには、申込から早くても1週間、遅い場合は2週間以上かかる事もあります。最低限の審査も行われます。
審査と言っても、普通に生活している状態であれば全く問題はありません。
ここまでの流れは、基本的に他の金融取引と同じと考えて差し支えありません。一度でも株やFXの会社に申込を行った事がある方ならば、特に問題なく口座開設できるでしょう。
初めての場合は、捺印の仕方がまずかったり、記入に不備があったりしてやり直しを要求される事もあるかもしれません。
そうなるとかなり開設までに時間がかかるので、事前にできるだけ丁寧に記入・捺印を行いましょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 億の細道 金融 証券 マネー at 09:31 | Comment(0) | 商品先物取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

実際に株を買ってみよう

金融 証券 マネー 株式投資
実際に株を買ってみよう

証券会社を決め、申込が終わり、口座にお金を入れたら、いよいよ株の売買が可能となります。ここまでは最短でも数日、離島などに住んでいる人ならば二週間ほどかかるかと思います。
結構長い期間を経て、ようやく売買ができる事もあり、初心者の方は株を買い勇むケースが多いようです。
ただ、ここで下手に初心者買いとでもいうか、そういう勢いに任せた買い方をしてしまうと、後々後悔することになりかねません。
ビギナーズラックという物もありますが、逆にそれがあだとなるケースも少なくないのです。
というのも、下手に最初にまぐれ当たりを達成してしまった初心者の方は、自分が株取引のセンスが優れている、運が異常に良いと過信してしまい、あまり深く考えないまま取引を続けていくというパターンに陥りやすいのです。
そうなると、どこかで必ず大きな落とし穴に嵌ります。
具体的にいうと、一度負けた際に損切りができず、一つの負けで致命傷を負ってしまうことになりかねません。
まずは慎重に、リスクを極力消した方法での購入をお勧めします。
では、実際に株を買ってみましょう。
証券会社のツールを利用して株式市場をのぞいてみると、上場している銘柄とその株価が並んでいる画面を目にすることになります。その数は非常に膨大で、誰もが知っているような会社もあれば、全く知らない会社も多数あります。
この場合、多くの人は前者を購入しようと考えます。しかし、それは止めておいた方が良いですね。
まず、誰でも知っている所というのは、圧倒的に大手の確率が高いです。大きな会社は、それだけ株価も高く、同時に単元株価も高いです。
株というのは、その株価=購入代金ではありません。最低限、この単位で購入するという数があります。
単元数は銘柄それぞれに設定されており、例えば1株単位で購入可能な銘柄もあれば、1,000株単位でないと購入できない銘柄もあります。
そういった単位も含め、その銘柄を最低この額で購入できるというのが、単元株価です。
最初は、この単元株価が低い銘柄を選ぶのが好ましいでしょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

メタボリック症候群 高脂血症 メタボリック症候群 生活習慣病 メタボリック症候群 喫煙

posted by 億の細道 金融 証券 マネー at 09:40 | Comment(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

分散投資が有効

金融 証券 マネー 株式投資
分散投資が有効

株取引において、一つの銘柄に全ての資金を投資するのは非常に危険です。
一番の理由は、いわゆる経営破綻です。
経営が破綻した会社は、民事再生法を適用する事になりますが、それが発表される頃には株価は信じられない速度で急落しています。よって、どのような会社であっても、急激に株価を落とす可能性はあります。
その際、損切りの為の売り注文を出しているから問題なし、と思っていると、痛い思いをします。
こういった売り注文が殺到するケースでは、特売りとなり、注文を一時受け付けない状況になるからです。そうなると、一度ラインを過ぎた注文が受理される事はなく、延々と株価が下がっていき、大損する様を見守るしかできません。
このようなケースは決して珍しくはないのです。
それを防ぐ一番の方法は、分散投資です。つまり、一つの銘柄に集中させるのではなく、複数の銘柄を購入して、管理していく方法です。
これだと、例え一つの銘柄が破綻や急落した場合でも、資金の損失はかなり少なくてすみます。
もちろん、一発当てようという人にしてみれば、絶対的に自信ある銘柄に全てを注入したいところでしょう。
そういう買い方もあります。しかし、初心者の方はそれをすべきではありません。
まずは堅実に、損失を最小限に抑えていく取引を行い、徐々に様々な事を覚えていく事が望ましいです。
初心者の方は、急落していく株に対してとてつもない不安とストレスを覚えます。その為、そういった状況に陥って日常生活や仕事に多大な影響を及ぼしかねません。
そういった観点からも、リスク管理の代表とも言える分散投資を強くお勧めします。
初心者でなくとも、分散投資は多くの人が行っている方法です。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

No.1ネット証券で始めよう!株デビューするならSBI証券


メタボリック症候群 特定健診制度 メタボリック症候群 特定保健指導メタボリック症候群 食生活

posted by 億の細道 金融 証券 マネー at 13:45 | Comment(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

株って何で得するの?

金融証券 マネー 株式投資
株って何で得するの?

初心者が株を始めるにあたって、最初に考える事があります。
株って何で得するの?」
誰もが一度は疑問に思うことでしょう。
このメカニズムがわからないと、初心者は、株取引はできない・・かというと、そうでもありません。実際に取引を行う場合、そういった理由は特に必要はないからです。
ただ、知っておかない事には株というものの本質は理解できないでしょう。それを理解していなければ、初心者の方が株で利益を継続的に得ていく事は困難です。
そこで、ここでは株でどうして得する事ができるかについて、軽く説明していきましょう。
株というのは、会社がお金を集める為の手段です。投資家からお金を借りて、そのお金で会社の事業の幅を広げていき、利益を得ていきます。そしてその利益が上がる事で、どんどん株価も上がっていきます。ここがポイントです。
株というものは、その会社の株価が問題です。株価というのは、言って見ればその会社の価値なのです。その会社に投資する価値がおいくらか、というものです。
例えば、現在株価が1,000円の会社があるとします。
この会社の株を持っている人が、この株を1,000円で売ってしまおう、と思った場合、1,000円で買いたいという人に売る事になります。これがもし、1,000円で買いたい、という人がいなければどうなりますか?
答えは簡単、値下げします。普通の商品と同じですね。買い手がいなければ値下げするしかありません。
990円なら買う、という人がいれば、990円で売る事になります。
そうすると、株価は990円となり、10円下がるのです。
この場合、1,000円で株を買った人は一株辺り10円損をします。逆に、1,010円でも欲しい!という人がいれば、株価は1,010円となり、10円得をするのです。
この得が、株で最もポピュラーな利益となります。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ



posted by 億の細道 金融 証券 マネー at 17:32 | Comment(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

株式投資、実は今がチャンス

金融証券 マネー 株式投資
株式投資、実は今がチャンス

2008年は、あらゆる金融機関にとってあまりに衝撃的な年度でした。
なんといっても、その原因はアメリカの大手金融会社「リーマン・ブラザーズ」の経営破綻です。
リーマン・ショックと呼ばれるその破綻によって、世界経済は一気に暗黒時代へと突入し、日本もその例外とはならず、非常に厳しい状況になってしまいました。
このリーマン・ショックによって、株式市場は大荒れとなりました。
あまり株には興味ないという人も、リーマン・ショックに関するニュースは聞いた事があるでしょう。
株価が大幅下落した、日経平均が1万円を、そして9,000円、8,000円を割った、というニュースが連日のように報道されました。
このため、意味はわからなくとも、「今株はヤバいのだ」というイメージが頭の中にインプットされたのではないでしょうか。
そんな状況なので、2008年は株初心者の型にとっては苦しい年だったと思います。
多くの人の所持株がその値を半分位に下げたという状況なのではないでしょうか。実際、初心者の方がかなり損をしたという話はよく聞きます。

ただ、この状況は、初心者の方にとってチャンスでもあります。
株価というものは、下がり続ける事はありません。
下がれば上がるし、上がれば下がる。
そういうものです。
多くの経済ジャーナリストや専門家が、2009年は回復するだろうと予想しています。つまり、落ちきった今がチャンスという事です。
2008年で大損した人は、2009年でその分を取り返す事を考えましょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 億の細道 金融 証券 マネー at 09:07 | Comment(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

資産運用とは?

投資信託 資産運用
資産運用とは
http://tousisinntaku2.seesaa.net/article/115307176.html

ハウス2.jpg
⇒この記事を読んで見る
posted by 億の細道 金融 証券 マネー at 08:46 | Comment(0) | 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マイホーム購入【マイホームの夢】

金融 証券 マネー 不動産
マイホーム購入【マイホームの夢】
http://kinyukiki.seesaa.net/article/115307057.html

ハウス1.JPG


⇒この記事を読んで見る
posted by 億の細道 金融 証券 マネー at 08:39 | Comment(0) | 不動産投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

空売り

金融 証券 マネー FX取引
空売り
http://net-syouken.seesaa.net/article/115281143.html

eyes0857.jpg



⇒この記事を読んで見る
posted by 億の細道 金融 証券 マネー at 16:14 | Comment(0) | FX取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

株初心者「株」ってなに?

金融 証券 マネー 株式投資
株初心者「株」ってなに?
http://net-syouken.seesaa.net/article/115130418.html

FX090123.jpg



⇒この記事を読んで見る
posted by 億の細道 金融 証券 マネー at 09:41 | Comment(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

都市計画法と都市計画区域

金融証券 マネー 不動産投資
都市計画と都市計画区域
http://kinyukiki.seesaa.net/article/115074982.html?1236048249
都市計画.jpg



⇒この記事を読んで見る
posted by 億の細道 金融 証券 マネー at 11:41 | Comment(0) | 不動産投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

塩漬け

ネット証券 FX取引
塩漬け
http://net-syouken.seesaa.net/article/114977507.html

塩漬け.jpg



⇒この記事を読んで見る
posted by 億の細道 金融 証券 マネー at 13:30 | Comment(0) | FX取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
★誰にも言わないと約束してくれるなら。
9,800円のFX教材をプレゼントします!
 
 小資金でありながらも楽々・簡単に金利を毎日1万円受け取る
外国為替証拠金取引(FX)の高品位マニュアル
PCの前に張り付くこともなく、寝てても毎日金利が1万円増えて いく気分は心地よいものです。
毎日口座に1万円が増えていくのを見るのが日課です。
投資の初心者でも分かりやすいように書いてあります。
さらに3ケ月のメールフォローとメルマガフォロー付。
著者は資産のコンサルタントですが、本人も幅広く投資している 投資家でもあります。
CFPという非常に難しいFP(ファイナンシャルプランナー)の 最上級の資格も持っていて腕は運用のプロ以上だとか。
真の投資家と呼ばれています。
あなたもこのFXのバイブルをどうぞ。
ATMレストランプレゼント美容院パンチビル飛行機イベントムード病院TOPページ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。