人気ブログランキングへ元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事

不動産投資 | 商品先物取引 | 株式投資 | 投資信託

【 業界屈指の格安手数料 】と【 業界最高水準のサービス 】でネット証券 No.1 の口座数を誇る  (2007年11月末現在)
     
SBI証券
       
口座開設資料のご請求はこちら≪口座開設料・管理料は無料≫
最新の記事

シグナル

金融 証券 マネー FX取引
シグナル

FX取引においては、為替市場の動きを常にチェックしておかないと、なかなか利益を得ることはできません。
ほとんど動きのない金利差による収益を考えているとしても、金利差での収益が価格変動による値動きの幅に勝る事はまずありません。
つまり、どのような通貨ペアであっても、その価格の動きをしっかり予測しておかないと、収益は得られないのです。
そんなFXにおける為替市場の変動を把握するためのFX用語は結構あります。
例えば、シグナルなどもFX取引の一つです。
シグナル単独で使われる事はなく、買いシグナル、売りシグナルというFX取引を用いるのが一般的です。
買いシグナルとは、市場が売りに走りすぎている状況で、もう直ぐ値が上がるという場合に使われます。
同様に、売りシグナルは市場が買いに走りすぎている場合に出てきます。
簡単に言えば、買いシグナルはその為替の買い時、売りシグナルは売り時を示すサインです。
そのサインというのはどういう所で見つけるのかというと、相対力指数と呼ばれるものを使うのが一般的です。
相対力指数はRSIとも略されますが、テクニカル指標の一つで、過去の一定の期間における上げ幅合計を、同期間の上げ幅合計と下げ幅合計を足した数字で割り、100をかけて%にした数値です。
これによって、上昇分の割合がわかります。
これが高いほど、上昇率が高いという事になりますが、70%を超えると上昇しすぎ、つまり買われすぎという事で売りシグナル、30%以下の場合は売られすぎ、つまり買いシグナルという事になります。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

株式投資 口座資金をどう使うか 株式投資 分散投資が有効株式投資 思わぬ落とし穴に注意
【FX取引の最新記事】
posted by 億の細道 金融 証券 マネー at 14:52 | Comment(0) | FX取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
★誰にも言わないと約束してくれるなら。
9,800円のFX教材をプレゼントします!
 
 小資金でありながらも楽々・簡単に金利を毎日1万円受け取る
外国為替証拠金取引(FX)の高品位マニュアル
PCの前に張り付くこともなく、寝てても毎日金利が1万円増えて いく気分は心地よいものです。
毎日口座に1万円が増えていくのを見るのが日課です。
投資の初心者でも分かりやすいように書いてあります。
さらに3ケ月のメールフォローとメルマガフォロー付。
著者は資産のコンサルタントですが、本人も幅広く投資している 投資家でもあります。
CFPという非常に難しいFP(ファイナンシャルプランナー)の 最上級の資格も持っていて腕は運用のプロ以上だとか。
真の投資家と呼ばれています。
あなたもこのFXのバイブルをどうぞ。
ATMレストランプレゼント美容院パンチビル飛行機イベントムード病院TOPページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。