人気ブログランキングへ元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事
クイズに答えて、図書カード1万円分をもらおう!
FX投資家アンケート


不動産投資 | 商品先物取引 | 株式投資 | 投資信託

【 業界屈指の格安手数料 】と【 業界最高水準のサービス 】でネット証券 No.1 の口座数を誇る  (2007年11月末現在)
     
SBI証券
       
口座開設資料のご請求はこちら≪口座開設料・管理料は無料≫
最新の記事

投資信託の選択チェック

金融証券 マネー 投資信託
投資信託の選択チェック
http://tousisinntaku2.seesaa.net/article/114737767.html

⇒この記事を読んで見る
posted by 億の細道 金融 証券 マネー at 08:23 | Comment(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

投資信託のコスト

投資信託 資産運用
投資信託のコスト
マネックス証券


投資信託に限らず株価を購入する場合には、コストというものを充分に考慮してから購入するようにしなければなりません。

投資信託に関するコストというのは色々な手数料の事を指していて、売買のときにかかる手数料、所得税や消費税などの税金など様々なものがコストとしてかかります。

投資信託のコストには二つの種類があって、購入時にかかる販売手数料や換金時にかかる換金手数料、源泉徴収税、分配金にかかる税金など直接的に負担しなければならない手数料という種類と、ファンドを購入するときに募集をかけていますがその募集手数料、売買委託手数料など間接的に負担しなければならない手数料という種類があります。

では、もっと詳しく見てみたいと思います。
直接的に負担しなければならないコスト】
○購入時に関わるコスト
 ・ファンドを販売するときにかかる販売手数料がかかります。通常は基準価額の1〜3%程度の手数料を支払わなければなりません。
但し、一部ノーロードファンドなど無料のものもありますので、詳しくは販売会社に確認するようにしましょう。

○換金時に関わるコスト
 ・信託財産保留額というコストが必要な場合がありますが、これはファンドに依存します。
 ・所得税や住民税は利益が出ている場合にのみ課税されるコストになります。

間接的に負担しなければならないコスト】
○購入時に関わるコスト
 ・単位型投資信託の場合に、募集価額として内枠に提示されているので間接的に支払っているというコストになります。

○保有時に関わるコスト
 ・運用・販売・管理の各会社に対して管理報酬信託報酬という形で支払わなければならないコストです。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
1万円からコツコツと。マネックスの投資信託積み立てプラン


posted by 億の細道 金融 証券 マネー at 10:28 | Comment(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

投資信託におけるリターン・リスク

金融 証券 マネー 投資信託
投資信託におけるリターン・リスク



位置情報投資信託には様々なファンドが存在していますので、当然ファンドによってリスクは度合いが異なります。

リスクが比較的少ないMMFや公社債投信など株式を中心としないものはリスクが少ない分リターンもあまり高くはないと言ったような感じです

逆に株式を中心としている国内株式型投信や海外株式型投信などはリターンの高さが期待できる商品ですが、やはりその分リスクも大きいと言えます。

以上のように投資信託におけるリターンとリスクの関係は密接なもので、リターンが大きいとリスクも大きく、リターンが小さいとリスクも小さいのです。

ですから購入する際にはリターンばかりではなくリスクの面においてもきちんと了承した上で購入する必要があります。

ちょっとここでは位置情報投資信託におけるリスクとリターンについての説明をしてみたいと思います。

投資信託におけるリターンについてですが、
「インカムゲイン」
「キャピタルゲイン」

という二つがあり前者は分配金という形で、ある一定期間毎に配当され、後者は購入価格を売却価格、または償還価格から引いた金額を配当金として還元されるといったリターンになります。

次に投資信託におけるリスクについてですが、価格が上下に異動することにより変動してしまうために起こりうるリスクがあります。

その変動が上に行けばリターンが増えるのでリスクは小さくなりますが、変動が下にいけばいくほどリスクが大きくなっていってしまいます。

以上のような事が投資信託における基本的な、リターンとリスクではないかと思います。


1万円からコツコツと。マネックスの投資信託積み立てプラン




posted by 億の細道 金融 証券 マネー at 08:31 | Comment(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

投資信託を購入するためには

金融 証券 マネー
投資信託を購入するためには
投資信託を購入するためにはいくつか条件がありますのでまとめてみたいと思います。

投資信託は投資会社や証券会社、保険会社、銀行などの金融機関で購入することが可能ですが、購入するためには購入する会社の口座を開設する必要があります。

口座開設の仕方は銀行に口座を作るのと同じ要領で、直接店頭にて開設をするか、インターネットなどから申し込みをして郵送という形で口座開設をするかになります。店頭で直接口座開設する場合には、当日口座を開設することができますが、郵送で行う場合は1?2週間ほど期間がかかります。

口座を開設できたら、後は口座にお金を振り込んでおけばいつでも投資信託などを購入することが可能になります。

以上は店頭がある場合の口座開設の仕方でしたが、この他に店頭が存在しないインターネット証券会社の口座開設があります。
この場合の口座開設の流れは以下の通りとなります。
・まずはインターネット上か電話にて口座開設のための申込用紙を請求します。
・申込用紙が届いたら内容を確認して、記入し本人確認などの書類を同封の上返送します。
・あとは通常の流れと同様になり、開設に1?2週間ほどかかりますが開設したらインターネットなどから口座に入金した上で投資信託などを購入することが可能になります。

投資信託を購入する方法は店頭や電話、インターネットなどがありますが、販売している会社によって色々ありますので各会社に問い合わせるようにしてみてください。
また、投資信託を購入する際には、購入手数料がかかりますのでその点も頭に入れておいてください。

posted by 億の細道 金融 証券 マネー at 10:45 | Comment(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

投資信託の活用

投資信託には、投資する対象となるもの、そのファンドの投信方針、ファンド毎に設定されるリスクなどタイプが色々あることが分かっています。
その様々あるタイプのファンドの中から自分が購入したいものを選択して購入するということはとても難しいことだと思います。
また、購入したら購入しっぱなしという事ではなくポートフォリオのチェック、運用状況のチェックなどしっかり自己管理をしておく必要があるのです。


ここで、購入前後のチェックやリスクの分散法などどうやったらいいのか考えてみたいと思います。
まず位置情報投資信託を購入する前の確認事項についてですが、どういう目的を持って投資をしようとしているのか明確な目的を持つようにすることが大切です。
また、その目的に合うような投資期間設定されている物なのかきちんとチェックしておくようにしてください。
そのほかには、投資信託を購入した場合、収益が出た場合はどの位の利益が出たら終わりにするのか、どの位の損失がでたら終わりにするのかきちんと決めておくことも大切です。

次に購入後に関する確認事項ですが、運用している収益は投資しているファンド全体においてきちんと管理できているかどうか把握します。
基準価額の動向がどうなっているのか確認をする。
投資信託をする場合には、リスクについてもきちんと把握しておく必要があります。
投資信託は中期〜長期に渡って運用することでリスクを分散することが可能です。焦らずに長い目で見るようにしましょう。
また、毎月一定額の投資をすることで買い付け額を平均的にすることができます。




posted by 億の細道 金融 証券 マネー at 09:19 | Comment(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

追加型株式投資信託の分類


追加型株式投資信託と言うのはファンドがたくさんもうけられていて、利用するニーズに合わせて設定されているようです。その利点としては選択肢が多いことだと思うのですが、欠点は選択肢が多すぎて何を選んだらいいか分からなくなるということかもしれません。
良くも悪くもファンドの多さというのがあるみたいです。

ファンドのタイプ別の分類を参考にしてみれば、選ぶ際にどういうものを選べばいいのかの示唆になると思いますので、参考にしてみてください。
投資信託の分類090108gif
投資信託の分類方法は各機関によって定義が違うらしいので、下記の機関の分類方法を説明してみたいと思います。

【投資信託協会】
・国内の株式を中心に投資するファンドで「国内株式型」と分類されます。

・海外の株式を中心に投資するファンドで「国際株式型」と分類されます。

・債権、株式をバランスよく投資するか、債権中心に投資するファンドを「バランス型」と分類されます。

・転換社債を中心として投資するファンドを「転換社債型」と分類されます。

・インデックスという指数と連動して運用しているファンドを「インデックス型」と分類しています。

・上記のインデックス型に、食品・工業など職種別のファンドに分けているものを「業種別インデックス型」と分類しています。


などのように分類されます。また、R&I(格付投資情報センター)の機関の分類法など、追加型株式投資信託の分類の方法はありますのでぜひ調べてみてはいかがでしょうか。




posted by 億の細道 金融 証券 マネー at 18:04 | Comment(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

投資信託におけるリターン・リスク




投資信託には様々なファンドが存在していますので、当然ファンドによってリスクは度合いが異なります。

リスクが比較的少ないMMFや公社債投信など株式を中心としないものはリスクが少ない分リターンもあまり高くはないと言ったような感じです

逆に株式を中心としている国内株式型投信や海外株式型投信などはリターンの高さが期待できる商品ですが、やはりその分リスクも大きいと言えます。

以上のように投資信託におけるリターンとリスクの関係は密接なもので、リターンが大きいとリスクも大きく、リターンが小さいとリスクも小さいのです。

ですから購入する際にはリターンばかりではなくリスクの面においてもきちんと了承した上で購入する必要があります。

ちょっとここでは投資信託におけるリスクとリターンについての説明をしてみたいと思います。

投資信託におけるリターンについてですが、
「インカムゲイン」
「キャピタルゲイン」

という二つがあり前者は分配金という形で、ある一定期間毎に配当され、後者は購入価格を売却価格、または償還価格から引いた金額を配当金として還元されるといったリターンになります。

次に投資信託におけるリスクについてですが、価格が上下に異動することにより変動してしまうために起こりうるリスクがあります。

その変動が上に行けばリターンが増えるのでリスクは小さくなりますが、変動が下にいけばいくほどリスクが大きくなっていってしまいます。

以上のような事が投資信託における基本的な、リターンとリスクではないかと思います。


1万円からコツコツと。マネックスの投資信託積み立てプラン


posted by 億の細道 金融 証券 マネー at 05:46 | Comment(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

投資信託の分類




投資信託という商品は他のどの金融商品と比べてみてもいろんな種類があり、実にバラエティーに富んでいる金融商品ではないかと思います。

その分何を選んだらいいか分からなくて困る部分もあるかとは思いますが、投資信託には分類の仕方というのがあり、内容を理解しておくとその後商品を選択する際に基準となると思います。

ですので、以下に投資信託の分類方法をまとめてみましたので参考にしてみてください。

【設定地域】
どこの地域で設定されたファンドなのかで分類をします。
国内で設定されたものを「国内投資信託」、海外で設定されたものを「海外投資信託」と分類しています。

投資信託1jpeg
【リスクとリターン(RR)】

リスク(R)とリターン(R)を5段階で分類します。

・RR1は安定重視型に分類
・RR2は利回り追及型に分類
・RR3は値上がり益+RR2に分類
・RR4は値上がり益追及型に分類
・RR5は積極的なRR4に分類

【投資対象】
投資の対象によって分類しています。

株式を交えないで投資する
「公社債投資信託」

株式を交えて投資する
「株式投資信託」に分類されます。

【購入時期】
購入できる時期によって分類しています。
・単位型投資信託は購入できる期間というのが設定されていて、その期間中にのみ購入できる投資信託です。

・追加型投資信託は購入期間が終了しても購入することができる投資信託です。

まだ分類項目としてはあるかもしれませんが、主な投資信託の分類をご紹介してみました。




ノーロードファンドは、申込手数料無料の投資信託です。



posted by 億の細道 金融 証券 マネー at 12:23 | Comment(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

投資信託におけるリターン・リスク




投資信託には様々なファンドが存在していますので、当然ファンドによってリスクは度合いが異なります。

リスクが比較的少ないMMFや公社債投信など株式を中心としないものはリスクが少ない分リターンもあまり高くはないと言ったような感じです

逆に株式を中心としている国内株式型投信や海外株式型投信などはリターンの高さが期待できる商品ですが、やはりその分リスクも大きいと言えます。

以上のように投資信託におけるリターンとリスクの関係は密接なもので、リターンが大きいとリスクも大きく、リターンが小さいとリスクも小さいのです。

ですから購入する際にはリターンばかりではなくリスクの面においてもきちんと了承した上で購入する必要があります。

ちょっとここでは投資信託におけるリスクとリターンについての説明をしてみたいと思います。

投資信託におけるリターンについてですが、
「インカムゲイン」
「キャピタルゲイン」

という二つがあり前者は分配金という形で、ある一定期間毎に配当され、後者は購入価格を売却価格、または償還価格から引いた金額を配当金として還元されるといったリターンになります。

次に投資信託におけるリスクについてですが、価格が上下に異動することにより変動してしまうために起こりうるリスクがあります。

その変動が上に行けばリターンが増えるのでリスクは小さくなりますが、変動が下にいけばいくほどリスクが大きくなっていってしまいます。

以上のような事が投資信託における基本的な、リターンとリスクではないかと思います。


参考記事リンク⇒投資信託と預貯金はどう違うのか?


1万円からコツコツと。マネックスの投資信託積み立てプラン




posted by 億の細道 金融 証券 マネー at 22:22 | Comment(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

投資信託の仕組みについて



申込手数料「無料」の投資信託


■投資信託を運用する仕組みについてですが、投資家達から集めた資金を元にして、販売・運用・管理の各会社がそれぞれの役割で運用することから成り立っている金融商品となります。

それでは各会社における役割を説明してみたいと思います。

【販売会社】

証券会社、銀行、保険会社、郵便局などの金融機関を指しています。主に投資信託の商品を販売しており、資金を投資家達から集める役割があります。

その他にも「受益証券の保護預り」「目論見書の交付」「運用報告書の交付」「計算書の交付」など役割があります。

【運用会社】

運用会社とは投資信託会社の事を指していて、販売会社が集めた資金を元手にしてファンドを作成するという役割があります。

その作成されたファンドを管理会社へ運用させるよう委託します。
その他にも「基準価額の計算」「経済、企業、市場などの調査分析」「目論見書の作成」「運用報告書の作成」などの役割があります。


【管理会社】

管理会社とは信託銀行などを指していて、運用会社から委託された内容をもとにして株式や債権などに投資を行い、資産の運用管理をする役割があります。

以上のような仕組みが投資信託にはあります。運用によって得られた収益に関しては販売会社を通し、各投資家達に均等に分配され還元されるという仕組みの流れになっています。

投資信託など個人でお金を預けて運用などをする場合は、その商品の仕組みについて分かった上で投資をするようにした方がいいと思います。


参考記事リンク⇒投資信託と預金はどう違うのか?

posted by 億の細道 金融 証券 マネー at 07:29 | Comment(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

投資信託とは

今や低金利時代とか言われていて人々の資産運用への関心は高まってきていると思います。
そのためか投資信託に興味を持っている人は多いのではないでしょうか。

投資信託と言葉だけは知っていても実際にどういうものかご存知ないという方のために、投資信託というのは、投資家が投資したお金をひとつにまとめてそのお金を運用のプロの人が債券や株式で運用をしています。その結果に応じて収益を投資家に分配するという金融商品になります。

収益の増減は運用次第と言うことになりますが、うまくいけばそれなりに配当は高く戻ってきますし、うまくいかなければ元本割れを起こす場合もあります。

元本割れを起こしたからと言って運用した人を攻めるのはダメで、あくまでも自己責任において投資をしなければなりません。

投資信託を預貯金と同じように考えている方もいるかと思いますが、違いますのでここで投資信託と預貯金の違いについて説明してみたいと思います。
投資信託は預貯金のように元本が保証されていないために運用次第では元本割れを起こす可能性があります。

預貯金は利息によってある一定の金額が増えるだけですが、投資信託は運用次第でかなりの収益に増える可能性があります。

運用で得られた収益は均等に投資家に分配されます。

投資信託を購入・売却する際には一定の手数料がかかります。

簡単に説明してみると上記のようなことです。資産運用への関心が高まっているなかぜひ検討されてみてはいかがでしょうか。

口座開設⇒投資信託



関連リンク⇒投資信託と預貯金とどう違うのか?

posted by 億の細道 金融 証券 マネー at 09:30 | Comment(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
★誰にも言わないと約束してくれるなら。
9,800円のFX教材をプレゼントします!
 
 小資金でありながらも楽々・簡単に金利を毎日1万円受け取る
外国為替証拠金取引(FX)の高品位マニュアル
PCの前に張り付くこともなく、寝てても毎日金利が1万円増えて いく気分は心地よいものです。
毎日口座に1万円が増えていくのを見るのが日課です。
投資の初心者でも分かりやすいように書いてあります。
さらに3ケ月のメールフォローとメルマガフォロー付。
著者は資産のコンサルタントですが、本人も幅広く投資している 投資家でもあります。
CFPという非常に難しいFP(ファイナンシャルプランナー)の 最上級の資格も持っていて腕は運用のプロ以上だとか。
真の投資家と呼ばれています。
あなたもこのFXのバイブルをどうぞ。
ATMレストランプレゼント美容院パンチビル飛行機イベントムード病院TOPページ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。